«
»

ネタニヤフ大連立新政権発足 ユダヤ人入植地併合に意欲

5月24日、エルサレム地裁前で集会を開くネタニヤフ首相支持者(UPI)

パレスチナ 安保協力関係を放棄 西岸地区で暴動拡大の恐れ

 新型コロナウイルス危機に対応するため、与野党大連立政権を樹立したイスラエルのネタニヤフ首相は、選挙公約でもあるヨルダン川西岸に建設されたユダヤ人入植地の併合に向けた動きを進めている。

 一方パレスチナ自治政府のアッバス議長は、占領地の違法な併合だとして反発、イスラエルと米国との安全保障協力を停止した。中東和平プロセスの危機的状況は今も続いている。 (エルサレム・森田貴裕)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。