«
»

イスラエル 緊急連立政権で合意

700

議会は承認、最高裁が審理へ

 イスラエルのネタニヤフ首相と中道野党連合「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長は4月20日、緊急の連立政権を樹立させることで合意した。ネタニヤフ氏が当面首相を務め、途中でガンツ氏に交代する。しかし、この合意には「交代時期の2021年10月になってもネタニヤフ氏は首相を交代しない」などと懸念の声が強い。政権樹立の期限が迫る中、最高裁判所は、合意内容が合憲かどうかを審理するという。 (エルサレム・森田貴裕)

 イスラエルでは政局の混乱が長期化し、3月までの1年間で3度にわたる総選挙(国会定数120)を余儀なくされ、ネタニヤフ氏が暫定政府を率いてきた。3月2日の総選挙では、汚職疑惑を抱えるネタニヤフ氏が党首の右派与党リクードが第1党となったが、当選した国会議員の過半数がガンツ氏を首相候補に推薦。リブリン大統領はガンツ氏に組閣を要請した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。