«
»

イスラエル総選挙、ネタニヤフ氏支持派過半数ならず

ネタニヤフ首相

連立協議は難航か

 1年間で3度目となるイスラエル総選挙(国会定数120)が2日に実施された。ネタニヤフ首相が率いる与党の右派リクードが首位に立ったものの、首相支持派の右派・宗教勢力の獲得議席は過半数を確保できておらず、次期政権樹立に向けた連立協議は難航が予想される。今回もまた連立協議が不調に終われば、4度目の選挙に向かうという異常事態となる。(エルサレム・森田貴裕)

 新型コロナウイルスへの懸念が広がる中で行われた今回のイスラエル総選挙では、感染者に接触した可能性があり自宅などで隔離措置が取られている有権者向けの投票所が国内各地に設けられ、投票率は71%で過去2回の選挙を上回った。

 選挙結果は、ネタニヤフ氏の与党の右派リクードが36議席を獲得して第1党に返り咲き、ガンツ元軍参謀総長が率いる中道野党連合「青と白」は33議席で第2党となった。第3党の「アラブ連合」は15議席を獲得し勢力を伸ばした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。