«
»

シリア内戦が終結間近か

300

政権軍とロシア、要衝を次々掌握 立ちはだかるトルコ軍

 シリア政府軍は昨年12月から、反体制派の最後の拠点イドリブ県への空爆を強化した。この期間に発生した難民は100万人を超えた。内戦終結が間近との見方も出始めている。(カイロ・鈴木眞吉)

 シリア政府軍は1月28日、同県第2の都市マアラトマヌン市を、2月8日、戦略的要衝サラケブを反体制派から奪還した。2月10日には、首都ダマスカスとイドリブ県、北部の商都アレッポを結び、南部ダルアー県からヨルダンにもつながる幹線道路「M5」を2012年以来初めて完全制圧した。

 同軍は10日、要衝タスタナスの近辺で軍事拠点構築中のトルコ軍兵士5人を殺害。3日にもトルコ軍兵士8人を殺害したばかりだったことから、トルコは5000人の兵士と1200台以上の軍事車両を投入してシリア政府軍側の標的115カ所を攻撃し、戦車を破壊、101人を殺害したと主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。