«
»

パレスチナで米大統領の和平案に反発強まる

800

ガザ地区で攻撃の応酬 アッバス氏 米・イスラエルとの全ての関係を断絶

 トランプ米大統領による中東和平案「世紀のディール(取引)」が発表された1月28日以降、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸地区ラマラやガザ地区では、和平案に反対する抗議デモが行われ、イスラエル軍との衝突でパレスチナ側に死者が出ている。ガザ地区からはイスラエル南部に向けてロケット弾が発射され、爆発装置を付けたバルーンの飛来も相次ぐなど、パレスチナの反発が強まっている。(エルサレム・森田貴裕)

 ヨルダン川西岸地区ラマラとガザ地区で28日夜、パレスチナ人数千人が集まり、トランプ氏とイスラエルのネタニヤフ首相の写真に火を付けた。トランプ政権が発表した和平案にパレスチナ人は激怒したのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。