«
»

イスラエルで今年、大規模戦争の可能性

ダビデ・スリング

シンクタンクが警鐘

 イスラエルの主要シンクタンクの一つであるテルアビブ大学の国家安全保障研究所(INSS)が、イランの大胆かつ攻撃的な行動の増加に伴い、2020年にイスラエルの北部国境沿いで大規模な戦争の可能性が高まっていると警告した。ガザ地区でも戦争が勃発する可能性は大きいという。(エルサレム・森田貴裕)

 INSSは毎年、イスラエルが直面する脅威の「戦略的評価」と脅威から守るために取るべき措置を準備し、これらの研究結果を大統領に提示する。これには、種々の安全保障、政治、外交要因に照らし合わせた「戦争の可能性の高まり」の警告が含まれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。