«
»

イラク反政府デモ、収拾見通し立たず

800

イランの介入へ反発が表面化

 イラクで10月1日に始まった反政府デモは、70日過ぎた今も出口が見えない。公共サービスを提供できない政府の無能や政治家の汚職、失業率・貧困の拡大などへの不満もあったが、イラクに深く介入するイランへの反発が大きいことが明らかになってきた。イラク国内のイラン領事館が、ひと月に3度も襲撃される事態に陥っている。(カイロ・鈴木眞吉)

 イラクでは、イスラム教スンニ派のフセイン政権の崩壊を機に、多数派のシーア派政権が誕生、シーア派の盟主イランとの関係が緊密化した。

 現在のイランは、パーレビ国王時代とは全く異なり、「イスラム教・シーア派革命」を経てその国家目標を、「シーア派革命の輸出を通じ、全世界をイスラム化する」とする国家に変貌してしまっている。

 その目標を推進する中核が同国の最高指導者直属の軍事組織「革命防衛隊」で、イラン国軍以上の武力を持ち、国内外に影響力を発揮している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。