«
»

米副大統領がイラク訪問

イランの影響懸念、クルド重視も

 ペンス米副大統領は23日、イラクを予告なしに訪問し、同国中部のアサド空軍基地で駐留米兵を激励した。ペンス氏のイラク訪問は就任後初めて。

バルザニ議長(右)とペンス米副大統領

23日、イラク北部アルビルでクルド自治政府のバルザニ議長(右)と会談するペンス米副大統領(AFP時事)

 ペンス氏は同基地で米兵約150人を前に演説し、兵士らの待遇改善を強調するとともに、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者だったバグダディ容疑者急襲作戦を振り返り、米兵らの拍手を浴びた。

 治安上の理由で首都バグダッド訪問は実現しなかったものの、アブドルマハディ首相と電話会談し、英メディアによると、「イランの有害な影響力がイラク全土に広がっていること」に懸念を表明した。

 ペンス氏はまた、イラク北部アルビルで、クルド自治政府のバルザニ議長と会談し、「クルド人部隊と共に、ISなどのテロ組織の復活を阻止する決意に変わりがない」と述べ、今後とも、米国とクルド人勢力の強い絆を維持する姿勢を強調した。

 トランプ米政権は先月、シリア北部で、対IS戦でクルド人部隊と共闘していた米軍部隊の撤退を表明、クルド人を敵視するトルコの侵攻を事実上容認したことから、「クルド人切り捨て」との批判が相次ぎ、一部の部隊を残留させると発表していた。

(カイロ 鈴木眞吉)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。