«
»

イスラエル総選挙 「青と白」が第1党に

ネタニヤフ首相(左)とリブリン大統領

大連立難航か、再々選も

 イスラエル総選挙(国会定数120)の再投票が9月17日に実施された。ガンツ元軍参謀総長率いる中道政党連合「青と白」が第1党、ネタニヤフ首相が率いる与党の右派リクードはわずかに及ばず第2党となった。リブリン大統領はネタニヤフ氏に組閣を要請するとともに、「大連立」へ両者の対話を呼び掛けたものの、連立協議は難航が予想されている。(エルサレム・森田貴裕)

 開票結果は、「青と白」が33議席、リクードは32議席。イスラエルの人口の約2割を占めるアラブ系の4政党の連合「アラブ連合」が13議席で第3党と健闘した。

 4月の選挙では、ネタニヤフ氏のリクードとガンツ氏の「青と白」が共に35議席を獲得。ネタニヤフ氏に組閣が命じられ、従来の右派連立政権を樹立できるかに見えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。