«
»

アフガン和平、女子教育禁止の再来を許すな

yamada

 私は大学での国際問題の講義で、教育に対する暴力の問題をよく取り上げた。その際、アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンにより、通学途中に酸を浴びせられた17歳の女学生の写真を見せた。

 1996年に首都を奪取したタリバンは女子教育などを全面禁止した。その政権が2001年末、米同時多発テロ犯の国際組織、アルカイダを匿(かくま)っているとして米英軍の侵攻で打倒され、女子教育や女性就業が復活した。国会議員も約30%が女性に割り当てられた。だが、タリバンはその後も各地でゲリラ攻撃を続け、女子の学校や教員、学童生徒に爆弾、放火、井戸への毒投入、酸などのテロを繰り返した。

 被害者の写真は痛ましかったが、その少女はベッドでこう言った。「それでも私は学校に行く」。ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女マララと同じ強い思い。それを、平和日本の学生たちにぜひ受け止めてほしいと思った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。