«
»

トルコ、ロシアから地対空ミサイル導入

ロシアの対空ミサイルシステムS400

ロシアが中東での覇権拡大へ

 米国防総省は7月17日、米最新鋭ステルス戦闘機F35の多国間共同開発計画からトルコを排除すると発表、米政府は、F35の機密情報がロシア製地対空ミサイルシステム、S400を通じロシア側に漏れることに懸念を示した。米国からの度重なる要請にもかかわらず、トルコがS400導入に踏み切ったことは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国全体にも影響が及ぶ。加盟国の一国にロシア製の兵器が導入されるという異常事態に直面するからだ。 (カイロ・鈴木眞吉)

 トルコは1952年に、対共産圏同盟としてのNATOに加盟、ソ連の東地中海地域への影響力拡大を防ぐ「防波堤的役割」を担ってきただけに、ロシアはこれを好機とし、トルコを抱え込み、中東での覇権拡大の勢いを増す可能性が高い。NATOは、トルコとの従来の軍事協力を見直さざるを得なくなるとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。