«
»

ヒズボラが警告 米・イランが戦争なら最初にイスラエル攻撃

ネタニヤフ首相

戦略的要衝で防護強化

 米国とイランの関係が緊迫化する中、レバノンのイラン系イスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ(神の党)」の最高指導者ナスララ師は12日、「米国とイランとの間で戦争が勃発すれば、イランは最初にイスラエルを容赦なく攻撃するだろう」と警告した。イスラエルはヒズボラのミサイル攻撃などに備え、国内の要衝の防護強化に向けて動き始めた。(エルサレム・森田貴裕)

 報道によると、イスラエル軍は全国20カ所の戦略的要衝に防空システムを配備するとともに、ヒズボラのミサイル攻撃に備えて、強化型の航空機格納庫を追加して建設するという。空軍基地には、約4000平方㍍の耐爆格納庫が多数建設される。1棟当たりの建設費は1000万㌦。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。