«
»

イスラエル、中国企業に港の運営委託

300

米政府が見直し求める

 イスラエルの地中海岸ハイファ港の運営を中国政府系企業に委託する合意について米政府が懸念を抱き、見直しを求めていることが明らかになった。米海軍は、東地中海でイスラエルと定期的に合同演習を行い、ハイファ港に艦艇を寄港させているため、中国によって米海軍の動きが監視される可能性がある。

 イスラエル運輸省は2015年、ハイファ港の運用を中国政府系企業「上海国際港務集団(SIPG)」に依託することで合意、21年の開始に向けて調整が進められている。

 中国国営メディアによると、SIPGは25年間にわたってハイファ港を管理する一方で、20億㌦を投じて、イスラエル最大の港にすることを約束しているという。

 イスラエル紙エルサレム・ポストによると、米国防当局者らがイスラエル政府に情報、安全保障上の懸念を表明、「ハイレベルでの合意の見直し」を求めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。