■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    中東大戦は近いか?―サウジ国籍ジャーナリスト行方不明事件の深層

     サウジ国籍のジャーナリストであるカショギがトルコ国内のサウジ領事館内で行方不明になった問題は、米国メディアでは大きく取り上げられており、トランプ氏と娘婿でホワイトハウス上級顧問のクシュナー氏による、イスラエルと穏健派中東諸国の協力でイランを抑えるという中東政策の失敗だという論調が多い。だがトルコで拘束されていた米国宗教保守派の牧師の解放問題との関係性で見ると、違った見方も出て来るように思う。

     ワシントン・ポストが10月12日に配信した“U.S. pastor Andrew Brunson leaves Turkey after being detained for 2 years”によると、トルコ政府は牧師釈放と引き換えに、カショギ氏行方不明事件に関する情報をサウジに要求するに当たって米国の支援を受けたいと言っている。またトルコは、イラン石油の約50%を購入しており、またロシア製S400防空ミサイルを購入してロシアに接近して来たため、アメリカから軍事援助の一部を停止され、また8月にはトルコ制の鉄鋼やアルミへの関税を2倍にされる等の制裁を受けてトルコ通貨リラが暴落していた。これらの制裁の解除も、牧師解放によって実現する可能性がある。

     しかし実はワシントン・ポストが10月7日に配信した“Disappearance and alleged killing of Saudi journalist Jamal Khashoggi could complicate U.S.-Saudi relations”という記事によれば、サウジも9月30日が期限だった米国製のミサイル防衛システム購入に関して20%も価格を下げてもらったにも関わらず回答せず、やはりロシア製のS400防空システム導入の方向で検討中である。そしてThe Atlanticが10月12日に配信した“The U.S.-Saudi Relationship Is Out of Control”という記事では、サウジは米国が東エルサレムを独立パレスチナ国家の首都にはっきりと指定しない限り、アメリカの中東和平協定案を支えないことを、ホワイトハウスに明らかにしたという。

     どの記事でもサウジの最高権力者である現皇太子とクシュナーの関係に問題があったと指摘している。そしてCNNが10月12日に配信した“Trump’s Saudi embrace was always complicated”という記事によれば、カショギ氏行方不明事件後に、クシュナーとサウジ皇太子が電話会談しようとした時に、この状況を心配したボルトンとポンペオも電話会談に割り込んだという。

     クシュナーに関しては前にも書いたようにロシア疑惑が最終的には彼で追求が止まるように仕組まれている。もしかしたら最初から何かあったら自分が犠牲になる代わりに財産を多めに分けてもらうような約束がトランプ氏の間で出来ていたのかもしれない。

     だからなのかトランプ氏は、アメリカ憲法修正25条を悪用してトランプ氏を失脚させようとしたと言われるローゼンスタイン司法副長官―ミュラー特別検察官の上司を更迭しなかった。それには、

    1、 既にトランプ氏周辺の人物数名に関する裁判を特別検察官が始めてしまっているので効果がない。(NYT10月9日配信“The Mueller Investigation Is Bigger Than Rod Rosenstein”)

    2、 中間選挙直前に彼を更迭するのは選挙に悪影響があるので、その後の議会の追求に任せる。(Washington Examiner10月9日配信“We took Rosenstein talk of bugging the president very seriously”)

    3、 むしろ司法省を掌握できていなセッションズ司法長官を更迭する。(ワシントン・ポスト10月10日配信“Trump talked with Jeff Sessions’s own chief of staff about replacing him as attorney general”)

    といった諸説が流れている。しかし、もしかしたら今回の中東問題も含めてクシュナーに全責任を被って貰うような計画も、トランプ氏にはあるのかも知れない。

     それは兎も角、前掲のワシントン・ポスト10月7日配信記事、The Atlantic10月12日配信記事、CNN10月12日配信記事等々の中でも、サウジがイエメン国内の親イラン勢力に対して非人道的な攻撃を続けていることが、非常に大きな問題として指摘されている。The Hillが10月13日に配信した“Five things to watch for in deteriorating US-Saudi relations”という記事によれば、米国議会は今年の3月くらいから、このイエメン問題を巡って、サウジに対する武器供与の停止等の制裁を行うことを試みて来たが、この度のカショギ事件により、それを今度こそ成功させようとしているという。しかし、それには時間がかかる上、国防上の重要問題に関しては大統領が撤回できる。何れにしてもトランプ氏は、1100億ドルもの兵器取引を止めることは、アメリカの国家にも企業にもマイナスだと考えているらしい。そこでワシントン・ポストが10月30日に配信した“Trump vows ‘severe punishment’ if U.S. determines Saudi Arabia killed Khashoggi”という記事を見ると、トランプ氏はトルコと同じ関税強化政策を、サウジにも取ろうと考えている節がある。というのは彼がカショギ事件に対する対応に関して“まず事実の確認が重要”等とコメントしたのは、トルコから解放された主教保守派の牧師との面談中だったからである。

     これなら大統領の権限で早く出来る。経済的に追い詰められたサウジは、イエメンの親イラン派への攻撃を激化したり、さらには脅威の根源を断つため何らかの形でイランそのものへの攻撃も考えるかも知れない。サウジから見れば親イラン派への攻撃は正当防衛の部分も大きいのである。

     イランはシーア派、サウジはスンニ派そしてトルコもスンニ派のはずである。そしてイランは反米で表面上は親ロシア国家、サウジは表面上は親米国家そしてトルコはNATO同盟の一員だが最近は急速にロシアに接近している。

     ワシントン・タイムスが10月9日に配信した“Trump set on taking ‘America First’ to next level at U.N., diplomats say”という記事によれば、ヘイリー国連大使の辞意表明は、これから今まで以上に厳しい状況が予想されるためで、後任としてボルトンNSC担当大統領補佐官の国連大使時代の副官の名前が取り沙汰されている。そのボルトン氏が中心になって取りまとめたと思われる10月に入ってから発表された米国の新しいテロ対策政策では、今までの政権が避けて来た“イスラム原理主義との闘い”という文言が織り込まれている(FOX10月4日配信)。これはヨルダン等の穏健派諸国を敵に回すのではなく、明らかにイランを標的にしたものである。

     明らかに緊張は高まっている。これは推論だが、イランを追い詰めても中間選挙までに戦争にならなさそうなので、そこで以前から不快に思っていたが石油の問題等で我慢して来たサウジも、シェール石油が米国内で出るようになって来たこともあり、こちらも追い詰めることでサウジとイランさらにはトルコも巻き込んだ中東大戦を中間選挙までに起こすことをトランプ政権は考えているのではないか?

    上記の幾つもの記事の中でも、アメリカの情報機関がカショギ氏行方不明事件がサウジ政府の指令によるものと証明するテープや録画を持っているとしている。保守派牧師解放事件もカショギ事件も中間選挙までに中東大戦を起こす布石なのかも知れない。

    そうなれば少なくとも下院で劣勢の共和党が劣勢を挽回できる可能性がある。そのような有事の際に大統領の政党を不利にする判断を米国の選挙民はしないのではないか?まして人権問題の絡んだ“聖戦”である。

    下院で民主党多数になったら軍事予算削減等で次に予想される対中戦争で米国が不利になる。それは日本も不利になることを意味する。

     中東大戦が起これば石油が来なくなって日本は困るだろう。だが、そういうことがなければ、国際政治の現実の中で生き抜く厳しさを実感しないのが日本人である。もし中東大戦が起これば憲法改正にも弾みが付くかも知れない。

    敢えて中東大戦が起こることに期待したいと思う。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。