«
»

サウジ皇太子の改革推進に期待を寄せるイラン人ジャーナリスト

◆女性解放で競い合い

 中東の大国サウジアラビアで、ムハンマド皇太子による経済・社会改革が進められている。サルマン国王の息子で32歳と若い皇太子に権力が集中し、第1副首相、国防相、経済開発評議会議長を兼任、経済の「脱石油」を目指す「ビジョン2030」、隣国イエメンのシーア派反政府組織「フーシ派」への激しい武力攻撃、女性に対する社会的制限の撤廃など、さまざまな面で、従来のサウジとは違う大改革を次々と打ち出している。

 サウジは、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を受けて影響力を拡大するシーア派のイランに対抗するスンニ派陣営の中核でもある。

 イラン系米国人ジャーナリストのロヤ・ハカキアン女史は米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿「イラン・サウジ競合は希望の光」で、サウジとイランの女性解放を比較、ムハンマド皇太子の改革推進へ期待感をにじませた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。