«
»

戦術核再配備 6割賛成、「標的化」警戒も

洪準杓氏

 北朝鮮の建国記念日だった今月9日。さらなる武力挑発の恐れがある中、ソウルでは保守系の最大野党・自由韓国党が12年ぶりに街頭集会を開いた。案内のポスターには「文政権の5千万核人質を阻止」などと記され、サングラスにベレー帽のいでたちで退役軍人らしき男性がここかしこに立っていた。

 「核には核で対抗しなければ、われわれが生き残る道はない」(洪準杓党代表)

 「文大統領は自分が南北関係の『運転席』に座ると言ったが、今、『運転席』にいるのは核・ミサイルでやりたい放題の金正恩ではないか」(鄭宇沢・院内代表)

 同党は北朝鮮の核・ミサイルの脅威を受け、1991年の米ソ合意に基づき撤収された在韓米軍の戦術核を再配備させることを党の方針に固めた。再配備を促すため議員団を訪米させ、1000万人を目標に署名運動も開始した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。