ワシントン・タイムズ・ジャパン

ニンジンをぶら下げるやり方はやめよ

 虹のかなたのどこかで、国連は、北朝鮮に良い子になって、核兵器その他を放棄するように命じる新たな決議案をひねり出した。七色の虹が雲と合体する、はるか上空の広い世界では、以前の制裁決議7回目が果たせなかったにもかかわらず、制裁決議8回目が成功するという信仰があるのだ。リアリティーが支配する地上では、より強力な薬だけが、ならず者政権の悪行を治療できるというのは明白である。

 国連安全保障理事会は月曜日、つい最近の挑発――日本の上空に弾道ミサイルを発射し、それに伴って初の水爆実験をした――を受けて、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)に対して全会一致で新たな一連の制裁を科すことを決めた。国連の方策は、北朝鮮への石油輸入の上限を設ける、その繊維製品の輸出禁止、労働者の海外での新たな契約の禁止、その密輸の取り締まりなどを求めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。