«
»

深刻化する北朝鮮の核開発

ジョージ・ウィル

「戦争に」と米大統領警告 核兵器の使用も検討か

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 米空軍の「探知機」が1949年の9月3日、カムチャツカ半島沖で大気のサンプルを収集していた。放射線を検出して、戦禍のソ連が核兵器の実験を行ったことを確認するためだ。ソ連はこの年の8月29日に実験を行ったが、実験はもっと先になるとみられていた。

 1945年7月16日のニューメキシコ州アラモゴードでの実験で、核爆発の基本技術が確立されてから72年がたつ。北朝鮮が誕生したのはその3年後だ。弾道ミサイル技術は60年以上の歴史を持つ。ミサイルに搭載するために弾頭を小型化し、弾頭を標的まで到達できるようにするための困難はあったが、核兵器の保有を決心した国を思いとどまらせることはなかった。核保有国パキスタンなどは、一人当たりの国民所得は2000ドル以下だが、その困難を克服した。

◇予想以上の開発速度


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。