ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国も脅かす北朝鮮の核

300

 今月3日、北朝鮮の6次核実験は米国地質調査所によるとマグニチュード6・3の人工地震を記録した。その爆発力は広島級原爆(15キロトン=TNT火薬換算)の10倍以上である160キロトンに達するという。

 北朝鮮は大陸間弾道ミサイルに搭載できる水素爆弾を完成したと発表した。日本も「水爆実験だった可能性も否定できない」との判断だ。原爆はキロトン規模で都市一つを破壊出来るが、水素爆弾はメガトン規模の爆発力で一国全土を焼け野原に変貌させる威力がある。

 そのため韓国の親北・対話路線を主張してきた文在寅大統領も厳しい対抗措置と最大の制裁に急旋回した。今年12月1日には斬首作戦実行の特殊部隊を設置すると発表し、渋っていた高高度防衛ミサイル(THAAD)の完全配備も決定した。

 一国を完全に破壊し得る水素爆弾を手に入れた敵から生き残るためには当然の対応策である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。