ワシントン・タイムズ・ジャパン

日本国民にも責任の一端あり…北朝鮮の脅威

このところの北朝鮮問題で、国際社会の圧力がまるで大東亜戦争前のABCD包囲網だという声が上がっています。

確かにオランダをはじめ世界各国からの石油をはじめとする天然資源がストップしたため、日本は資源を求め戦争に突き進んでいくことになりました。

北朝鮮もそれと同じだと?

そうも言えなくはありませんけれど、北朝鮮がここまで軍事的な脅威を持つためには、当然お金が必要です。

そのお金はどこから調達しているのかということですよね?

中国やロシアは当然として、我が国の同胞を拉致しているとんでもない国に、日本から送金をしているのです。

はい!パチンコマネーです!

N695_huruipachinkodai_TP_V

詳しい計算などしたわけではありませんが、日本からパチンコを通じて北朝鮮に流れたお金は相当な額に上るのではないでしょうか?

生活保護費をつぎ込んでいる人も多いし、年金をつぎ込んでいる人も多いと聞きます。

公務員でパチンコにはまり身を持ち崩し生活保護を受けているとか…

北朝鮮系のパチンコ店に落ちたお金は、北朝鮮に渡っているのです。

多くの国民が飢えて命を落とすことも厭わずに、日本から送金されてきたお金を軍事増強に使っているとは考えられないでしょうか?

結局、無神経にパチンコを娯楽として認めてきた、日本政府と日本国民にもその一端があるとです。

古い話ですけれど、1993年の国会答弁で、自民党の武藤嘉文元外務大臣が、「パチンコの金が何千億と北朝鮮に行っている」と述べています。

ということは、政府でもずっと前から認識しているのです。

まったく、自民党という政党は、ほんまに…(政権を取っている期間が長いという意味で、責任は大きいです。パチンコ議連もあるし!)

射幸性を煽るパチンコ、そして、スマホゲームのガチャ、私たちは朝鮮半島にわたり日本の脅威となる軍事開発をしているということを認識し、人に伝え、政府・自民党・公明党に迫っていく必要があります。

テレビには山尾問題で風前の灯火の民進党は放っておき、北朝鮮に入るお金が日本からいくらあるのか検証する番組作りくらい、やってみなさいよ!と、吠えたところで、半島系スポンサー様のご機嫌を損ねられないでしょうか?

悔しいですね。


『「君を守る 私が護る」高橋とみよの政治ブログ』より転載
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。