«
»

韓国・文政権、高支持率にも危うさ

800

世論左傾化、半島危機に非力 「左派無罪」で親北国家に熱狂も

 韓国の文在寅大統領の支持率が就任から4カ月経過しようとする今なお70%台という高い水準を維持している。昨年の国政介入事件の反動や文大統領の人柄・姿勢が支持された結果とみられるが、実はこの高支持率こそ危険をはらんでいると警鐘を鳴らす声もある。さて、その危険とは…。 (ソウル・上田勇実)

 韓国ギャラップが先月末、全国満19歳以上の男女1003人を対象に携帯電話を通じインタビュー形式で実施した世論調査によると、文大統領の国政運営について「よくやっている」が76%を記録、「よくやっていない」の16%を大幅に上回った。

 6月以降の3カ月間(週単位)の支持率推移を見ると70%台から80%台で、各種世論調査も同様だ。肯定評価の理由としては「国民との疎通ができている」「脱権威主義」「積弊清算に取り組んでいる」などが上位を占め、朴槿恵前大統領との比較対照的な要素が目立つ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。