ワシントン・タイムズ・ジャパン

米韓軍事演習利用した北朝鮮

杉山 蕃

ミサイル発射を正当化 国際的非難よそに実験強行

元統幕議長 杉山 蕃

 恒例の米韓軍事演習が8月21日開始され31日終了したがこれをめぐる米・韓・朝それぞれの対応が衆目を集めた。米国は太平洋軍司令官、戦略軍司令官が、日韓両国を訪問、現地米軍を激励、北朝鮮のグアム島近傍への中距離弾道ミサイル(IRBM)発射計画の公表、応ずるトランプ大統領の激しい恫喝(どうかつ)、そして北朝鮮の北太平洋へのIRBM発射等双方がせめぎ合う緊張感の漂う演習となったが、関連して私見を披露したい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。