«
»

北朝鮮の新型ICBM、中国が弾頭技術を提供か

ビル・ガーツ

 北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の写真を分析すると、核弾頭搭載可能なミサイルの先端部分ノーズコーンが、中国から供給されたとみられているパキスタンの核搭載可能ミサイルの弾頭に似ていることが分かる。

 国際評価戦略センター上級研究員のリチャード・フィッシャー氏が本コラムに明らかにしたところによると、「火星14」と名付けられ、4日に大々的に試験発射が行われたこの新型ICBMの弾頭部分は、パキスタンで1月に試射が行われたミサイルの最終段に似ているという。

 パキスタンの中距離ミサイル「アバビール」は、1月24日に発射され、核、通常どちらの弾頭も搭載できるとみられている。

 先端部分の最終段が似ていることは「北朝鮮とパキスタンが長距離弾道ミサイルの開発で、これまでと同様今も協力を続けている可能性がある」ことを示しているとフィッシャー氏は指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。