«
»

韓国の「グラウンドホッグデー」

 新しい大統領の選出をもって、韓国は、何年も前の統治哲学の復活を約束するという見慣れたパターンに陥っている。それは、不幸せなことに、国の生き残りにとって必須の一つの地域で成功裏に交渉しようとした以前の試みで失敗した哲学である。朝鮮半島における長期にわたる内輪もめに決着を付けようとしたのである。

 64歳の「共に民主党」のリベラル派の代表、文在寅氏(注)は、41%対21%で保守派の元検事、洪準杓氏を打ち負かした。より弱い候補らが選挙民の残りを分かち合った。投票は、汚職スキャンダルに巻き込まれた保守主義者、朴槿恵大統領が最近、罷免され、職を追われたため急遽(きゅうきょ)前倒しで行われたものである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。