«
»

文在寅大統領の韓国、対北朝鮮は盧元政権より急進的親北

 韓国大統領選で最大野党「共に民主党」の文在寅氏が当選し、約9年ぶりに親北左派政権が誕生した。大きな転換が予想される対北朝鮮政策や「慰安婦」合意の見直しが予想される日本との関係、混乱が予想される国内情勢などについて現地から報告する。(ソウル・上田勇実)

 次期大統領の資質を有権者が判断する上で重要な主要候補者による最後のテレビ討論会で、保守系与党・自由韓国党の洪準杓候補が文候補に対し、韓国にとって北朝鮮は「主敵(安全保障上、最も脅威となる敵国)」と言えるかと質問した。文氏は「軍事的に北は敵だが、一方で統一の対象」などとし、最後まで「主敵」とは認めなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。