«
»

脱北者は文氏が好き?嫌い?

地球だより

 北朝鮮を逃れ韓国に定住する脱北者の数が3万人を突破したが、その脱北者たちが今回の大統領選を前に悲愴な決意を固めている。世論調査で支持率トップの最大野党「共に民主党」の文在寅候補がこのまま大統領になったら脱北者3000人が集団で第三国に亡命するというのだ。独裁圧政や極度の食糧難にあえぎ、母国・北朝鮮を捨て命懸けで亡命してきた彼らが今度は韓国を捨てるというのだから尋常ではない。

 集団亡命の記者会見では「文氏がスパイを取り締まる国家保安法を廃止し、脱北者暗殺のため韓国に潜入する北朝鮮の工作員を摘発できなくなる」「北朝鮮と野合する文政権下で韓国には住めない」と亡命理由が明らかにされた。

 知人の脱北者は「人騒がせな。全く話にならない」と歯牙にもかけないが、彼らは真剣だ。米国、日本、英国、フランスなど自由民主主義国家に受け入れてもらうため、韓国にある各国大使館に嘆願する準備を進めているという。ソウルの日本大使館は彼らにどう答えるのだろうか。

 ところで興味深いことに別の脱北者グループ300人はこれとは正反対に文氏に対する支持宣言をしている。表向きの理由は「保守政権だからと言ってもう無条件には支持しない」。だが、保守政権が内部の主導権争いに忙しく、期待したほど自分たちの生活向上などに気を配ってくれなかったことへの失望、恨みが本音のようだ。

 今回の大統領選で保守陣営が苦戦しているワケがこんなところにも表れているのでは。

(U)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。