ワシントン・タイムズ・ジャパン

文氏を急追する保守派候補

300

 トランプ米大統領は昨年の大統領選で、97%のマスコミから足を引っ張られたが見事に当選した。ヒラリー・クリントン氏はなぜ落選したのか。オールドメディアよりニューメディアのSNSがインパクトを発揮し選挙を左右する時代に変わったわけだ。現在、韓国の大統領選挙戦では親北左派の文在寅候補(共に民主党)がヒラリー氏のように常にトップを走っている。しかし、支持率は40%前後で停滞しており、投票結果が意外な方向に転ぶ可能性はなくはない。

 当初、文候補の対抗馬と見られた中道左派の安哲秀候補(国民の党)は選挙戦に入って尻すぼみとなる半面、保守派の洪準杓候補(自由韓国党)が着実に支持率を伸ばし、2日までに安候補を抜いたとの調査もある。保守派の洪氏は湖南地域(韓半島西南部)で人気はないが、文、安両候補の支持層で湖南地域が二分されれば有利になる。洪候補は貧しい家庭に育ち逆境を克服して夢をかなえた人物だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。