ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

北朝鮮が日韓攻撃なら米反撃も

ハリー・カジアニス氏

緊張高まる韓半島情勢

ナショナル・インタレスト・センター国防研究部長 ハリー・カジアニス氏に聞く

 弾道ミサイル発射や新たな核実験の準備など挑発姿勢を取り続ける北朝鮮に対し、トランプ米政権は圧力を強めている。北朝鮮をめぐる情勢は今後どうなるのか。米シンクタンク、ナショナル・インタレスト・センターのハリー・カジアニス国防研究部長に聞いた。(聞き手=ワシントン・岩城喜之)

北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐって緊張が高まっている。トランプ政権が北朝鮮を攻撃する可能性はあるのか。

 トランプ政権はすべての選択肢がテーブルの上にあるとしているが、米国が北朝鮮を先制攻撃する可能性は低い。ただ、北朝鮮が米本土や日本、韓国にミサイルを撃ち込めば、攻撃する可能性はある。

 逆に、トランプ政権が幾つかの点で北朝鮮に接触を図る可能性も考えられる。ただし大きな譲歩はしないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。