«
»

日韓「慰安婦」合意 野党・市民団体、「破棄」に勢い

慰安婦像

 「朴槿恵が弾劾され韓日合意を破棄する道が開かれました」

 15日、在ソウル日本大使館前の慰安婦像を囲み毎週水曜日に行われている反日デモ集会で主催者、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の韓クギョム共同代表はこう叫んだ。

 日韓「慰安婦」合意を受けてつくられた「和解・癒やし財団」は日本が拠出した10億円を基に元慰安婦の生存者と遺族への癒やし金支給を粛々と進めている。これに対し挺対協は、賠償金の性格を帯びていないなどとして支給を妨害してきた。弾劾で朴政権下の政策や業績を否定しやすくなり、挺対協は勢いづいている。

 5月9日に実施される次期大統領選では最大野党・共に民主党の文在寅前代表が最有力候補に挙げられているが、ある外交担当ブレーンは「政権を取ったら対日政策ではまず慰安婦問題の韓日合意を破棄し、再交渉を求めるだろう」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。