«
»

次期大統領選、文在寅氏ら「親北」左派の祭りか

文在寅氏

 被疑者:検事さん! もうすぐ共産主義社会が到来します。そうなったら私が検事さんを審判することになるでしょう。

 担当検事:今は自由民主主義体制であり私はそれを守る義務がある検事であるため、体制を転覆しようとする君たちを起訴するしかない。

 これは1981年、釜山で社会科学系の読書会と称し集まっていた大学生や教員らが利敵表現物を学習していたなどとして国家保安法違反などの罪に問われた「釜林事件」で、逮捕された学生と捜査に当たった検事の実際にあったやりとりをまとめた陳述書の一部である。ここで言う「共産主義」とは北朝鮮独裁体制の主張や路線を支持する親北主義のことを指す。

 現在、事件は軍事独裁の全斗煥政権が民主化運動弾圧の一環で引き起こした冤罪(えんざい)だったとみられがちで、実際に一部被告は再審で無罪判決を言い渡されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。