«
»

金正恩氏、身元隠し陸軍で3年間服務

400

05年から「帝王学」の一環か

 北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長が父、金正日総書記の後継者に正式決定する直前の3年間、金総書記の指示で韓国との軍事境界線に近い最前線部隊で身元を隠したまま一般兵として服務していたことが分かった。北朝鮮情報筋が19日、本紙に明らかにした。正恩氏の軍服務が明らかになるのは初めて。金総書記は、海外留学や国内エリート大学での知識習得や人脈作りだけでなく、底辺の軍隊生活まで「帝王学」の一環として体験させ、正恩氏を育てようと考えた可能性がある。(ソウル・上田勇実)

 情報筋が最近、韓国に入国した北朝鮮保衛司令部将校(中尉)出身の脱北者(30代後半)の証言を元に伝えたところによると、正恩氏が入隊したのは2005年。金総書記は秘密裏に入隊させるため平壌に居住する大学生を対象に志願者を募り、そこに正恩氏を紛れ込ませ入隊させた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。