«
»

遠のく北朝鮮の中国式改革・開放

300

権力闘争の行方占う2周忌

張成沢氏失脚 ~北で何が起きたか~(下)

 「張成沢は北朝鮮権力中枢にいる人物の中で比較的、合理的発想の持ち主だ」

 1997年に韓国に亡命した北朝鮮の黄長燁・元朝鮮労働党書記は生前、周囲にこう語った。当時、じかに話を聞いた孫光柱元デイリーNK編集長によると、黄氏は「もし改革・開放路線を取るならそれは中国式だろう」とも言ったという。

 権謀術数に長(た)け、独裁政権の中で生き抜いてきた張氏だが、一方で北朝鮮のあるべき国家像にも心を砕いたとされる。深刻な食糧難、エネルギー難を解消するメドが立たない現実に、合理主義者なら内心、不満を抱いたことだろう。

 張氏は昨年、中国を訪問し中朝国境にある黄金坪などの共同開発について協力することで合意し、胡錦濤国家主席(当時)とも会談。金総書記死去後、金正恩体制を支えるナンバー2の「改革・開放行脚」として注目を集めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。