«
»

日韓交流人口、年間1000万人時代へ

韓惠進氏

開館50周年迎えた駐札幌大韓民国総領事館

駐札幌大韓民国総領事 韓惠進氏に聞く(下)

 駐札幌大韓民国総領事館が開館したのは50年前の1966年のことであった。2018年に北海道は、開基150年を迎えることから、北海道と同領事館の双方はおよそ3分の1の期間を共に過ごしたことになる。日本と韓国は距離的には近いものの、心情的な距離はいまだに遠いというのが実情だ。ただ、さまざまな問題を抱えながらも着実に交流は拡大の様相を見せている。半世紀を超え、新たな時代に向かって日本と韓国あるいは北海道と韓国が心情的に近い関係を構築するには、どのような処方箋が必要なのか、前回に引き続いて韓惠進総領事に語っていただいた。(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

共通理念ベースに信頼構築/民主主義・市場経済・人権活発化する自治体交流事業/期待される質量両面の発展


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。