«
»

骨肉の経営権争い続く韓国ロッテ

500

“お口の恋人”苦味に歪む

 日本と韓国にまたがる大手企業ロッテが昨年のオーナー一家の経営権争いに続き、役員の自殺や現会長に対する検察聴取など揺れに揺れている。財閥5位(総資産基準)のロッテをめぐる一連の騒動に韓国経済への悪影響を心配する声も出始めている。(ソウル・上田勇実)

 お口の恋人ロッテ――。これは日本でチューインガムやチョコレートなどの大手菓子メーカーとして有名なロッテのキャッチコピーだ。またロッテといえば、今年のクライマックスシリーズ進出を決めたプロ野球の千葉ロッテマリーンズの親会社としてもお馴染(なじ)みである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。