«
»

韓国に強まる「核武装論」

300

 北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射と核実験によって、米国の「戦略的忍耐」は限界に達しつつある。また、北朝鮮は今月4、5の両日、中国の杭州で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議の期間中に中距離弾道ミサイル3発を発射して開催国・中国の顔に泥を塗った。

 韓国国防省は12日「北朝鮮はいつでも第6回核実験を行う準備ができている」と発表した。これまで北朝鮮の挑発が起こる度に国連と国際社会は非難声明と制裁のレベルを高めたが、効果はほとんど見られなかった。逆に北朝鮮の反発と脅威が増大しつつあるのが事実である。

 最近、韓国では自主防衛論が説得力を得てきている。北朝鮮が核を放棄しない場合は韓国も核武装すべきという「条件付きの核武装論」である。もちろん、米国が阻止に動くのは明らかだが、もしそうであるなら、米国は戦術核を韓国に再配備して「核の傘」をより確実にすべきだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。