ワシントン・タイムズ・ジャパン

高位脱北者増加の背景

300

 駐英北朝鮮大使館のテ・ヨンホ公使が韓国に亡命してソウル入りした。

 今年5月には人民武力部(同6月、部を省に改称確認)の上将、同6月は金正恩の統治資金を管理する39号室の副部長と幹部2名が韓国に亡命した。このほか、最高人民会議議員(国会議員)1名も韓国に亡命した。7月2日には微生物研究所の研究員が生体実験資料(USBメモリチップ)を持ってフィンランド亡命した。

 北朝鮮の高位級の亡命は1997年の黄長燁氏が有名だが、最近は労働党・人民軍の高官の亡命が相次ぐ異常な事態が続いている。中には身辺保護のため公開しない亡命者も相当の数に上る。

 テ公使の父は人民軍の大将で、兄は金日成大学総長であり、妻も“白頭血統”(抗日パルチザン出身)の家柄という説もあり、富と権力が保証された特権層である。従来は主に生活苦による脱北者だったが、今は特権層の脱北が増えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。