«
»

対中・対米関係、次期大統領誰でも大差ない 柳氏

800

中国、北の核で韓国取込めず 坂井

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(6)

北朝鮮の金正恩委員長は伝統的な友誼(ゆうぎ)の関係を強調しながら核・ミサイル問題で近年ぎくしゃくしていた中国、また表面的には非難しながら実は最も関係改善を願っている相手とされる米国とどのような関係を構築できるか。

 柳東烈 北中(朝中)関係は戦略的にアプローチしなければならない。中国にとって北朝鮮はどういう存在なのか。中国が米国と対立する時、北朝鮮は中国にとって戦略的な防波堤で、北朝鮮のおかげで直接に米国と対峙(たいじ)しなくて済むことこそ北朝鮮の存在価値だ。中国は表向きには北朝鮮の核や弾道ミサイルに反対し警告するが、内心はその逆だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。