«
»

新東亜が潘基文氏の資質検証 過熱気味のブーム冷ます

盧氏に「義理を欠く」と指摘

 「国連史上最低の事務総長」と欧米のメディアからこき下ろされている潘基文(パンギムン)氏が韓国の次期大統領候補に擬せられている。世論調査では野党共に民主党の文在寅(ムンジェイン)元代表を10ポイント引き離してトップを走るといった状況だ。

 潘氏へのラブコールが沸いているのは、なによりも「韓国人初の、いや東洋人初の国連事務総長」という「肩書」によるものだ。東亜日報社が出す総合月刊誌「新東亜」(7月号)が「特集潘基文」を載せている。その中で、駐日大使を務めた羅鍾一(ナジョンイル)氏が、「潘氏の国連での評価は関係ない。韓国人にとって、単に彼が事務総長に選ばれたことだけでも成功だと感じている。なので、彼への批判に対しては喜んで目を瞑る」と述べる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。