ワシントン・タイムズ・ジャパン

北朝鮮のミサイル開発戦略、「観測衛星」を騙り登録

青木 節子

国連制裁下に宇宙条約加盟

慶應義塾大学教授 青木 節子

 本年2月24日、北朝鮮は、救助返還協定(1968年)、損害責任条約(1972年)という二つの国連宇宙条約に加入することにより、米欧日中印等主要な宇宙活動国すべてが加入する国連宇宙4条約の当事国となった。宇宙の憲法ともいわれる宇宙条約(1967年)と宇宙物体登録条約(1975年)には、すでに2009年3月に加入していた。なぜ、北朝鮮は、1970年代半ばまでに採択されていた古い条約にいまさら加入したのだろうか。

 2006年10月に北朝鮮が初の核実験を行った直後、国連安全保障理事会(安保理)は、安保理決議1718号を採択し、北朝鮮がこれ以上の「弾道ミサイルの発射」をしないよう要求した。それが、2回目の核実験を挙行した2009年6月の直後の安保理決議1874号では、「弾道ミサイル技術を利用した発射」の禁止という表現に変わった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。