ワシントン・タイムズ・ジャパン

軽視できぬ北核・ミサイル戦力

300

 先月22日、北朝鮮は新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」6発目の発射に成功した。  北朝鮮が保有する弾道ミサイルは、まず射程300~500㌔の「スカッド」型が約600基で、これらはソウルまで3分、釜山まで5分で着弾する。射程1300㌔の「ノドン」ミサイル(200基保有)は東京まで8分で着弾する。

 今回、成功したムスダンミサイル(50基保有)は射程3500㌔でグアムの米軍基地が標的になる。さらに、北朝鮮は2012年12月と16年2月に射程1万3000㌔の長距離弾道ミサイル(ICBM)を発射した後、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を繰り返している。

 韓国は北朝鮮の弾道ミサイルの技術力を過小評価してきたが、北朝鮮は核開発も相当進んでおり、今年の4回目までの核実験を通じて核弾頭の小型化も進んでいる。核を弾道ミサイルに搭載する技術力が整いつつあるのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。