«
»

欧州には約1200人の脱北者

金主日氏

元北朝鮮人民軍第5部隊小隊指揮官 金主日氏に聞く

 元北朝鮮人民軍第5部隊の小隊指揮官金主日氏(43)は5日、ウィーン市内で本紙とのインタビューに応じた。咸鏡北道吉州郡出身の金氏は2005年8月、脱北した。現在は英ロンドンのニューモルデンに住み、「フリーNKニュースペーパー」を設立し、母国・北朝鮮の民主化実現のために奮闘している。同氏は13年5月、英国の永住権を獲得。現在は人権と民主主義のための「国際脱北者協会」(INKAHRD)の事務局長を務める。(聞き手=ウィーン・小川敏、写真も)

 金氏は05年8月、豆満江を泳いで中国側に渡った。脱北するという明確な意識はその時はなかったという。「中国からわが国を一度見てみたかった。その結果、はっきりしたことは、わが国は天国ではないということだ。中国の方がわが国よりはるかに天国に見えた。国民はだまされていたことが分かった。そこで脱北を決意した」という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。