«
»

親北派が「偽装」し当選

尹鍾五氏

韓国総選挙ショック(下)

 南東部・蔚山広域市の日本海側に突き出した地域をタクシーに乗って走ると、延々と続く外壁で囲まれたとてつもなく広い敷地が2カ所見えてくる。北区にある現代自動車蔚山工場と東区にある現代重工業の造船所だ。

 韓国を代表する財閥・現代の系列だが、ここで働く労働者や下請け会社の従業員には非正社員も多く、彼らは上京して待遇改善や権益擁護を求めしばしば過激なデモを起こしてきた。昨年11月にソウル中心街で数万人を集めた政権退陣デモもここの労働者が多数参加したと言われる。

 もともと蔚山は保守色が濃く与党セヌリ党の大票田となってきた嶺南(釜山・慶尚道・大邱)に属するが、この地域だけは労働者の声も強い。

 「無理な解雇や非正社員としての期間延長など現政権の労働政策はここにいる労働者たちの希望の芽を摘み取っている」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。