«
»

なぜ日本はノーベル賞を多く獲得できるのか

300

 今年のノーベル物理学賞は、青色LEDの開発と実用化に成功した研究者である赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏に決定した。これにより日本のノーベル賞の受賞者は米国籍の南部陽一郎と中村修二の両氏を含め22人となった。韓国と中国は1、2人しかいない。

 中国の13億の人口と比べ、日本のノーベル賞受賞が圧倒的に多いのは不思議だ。

 韓国の権威ある保守新聞、朝鮮日報は「日本科学界の底力」と評価した。中国の新華社通信は「なぜ日本は多くのノーベル賞を獲得できるのか」と題した記事を掲載した。その要旨は「日本は基礎研究を重視する。江戸時代末期、男性の識字率は70%を超えロンドンやパリを上回った。人材育成を重視する日本で人材が生まれるのは教育側の『学問至上』の姿勢が深く関係している」と分析した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。