«
»

再・補欠選、与党圧勝の背景

300

 7月30日、“ミニ総選挙”と言われた国会議員の再・補欠選挙で第一野党・新政治民主連合(新民連)は全国15選挙区で4議席しか取れず、惨敗した。

 6月4日実施の統一地方選挙では、17市道知事選で野党・新民連と与党・セヌリ党が9対8とほぼ引き分けだった。注目のソウル市長選でも野党候補の朴元淳氏が再選され、与党側の鄭夢準氏(現代重工業の大株主)が惨敗した。

 従って、今回の再・補欠選も引き分けとの見方が多かったが、ふたを開けてみると予想外に与党が圧勝した。韓国では今、その原因や背景が話題の焦点になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。