«
»

「小貪大失の愚」犯すな

300

 「建前では嫌いだが、本音では大好きな恋人関係」、「儒教習慣の強い韓国は兄(中国)の侵略より、弟(日本)の侵略歴史について感情が深い」――。韓日関係を表する時、よく指摘される言葉だ。

 今上天皇は2002W杯共催の時、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」と語られた。

 心理学的に血族関係や兄弟関係は「近親愛憎心理」が根底にある。朝鮮戦争の時、韓国に定着した北朝鮮出身者は皆対北憎悪心が強い反共主義だった。米国に移住した英国人は祖国、英国と戦い独立戦争を起こした。さらに米国の地域感情は南北戦争にまで発展した。朝鮮戦争もある意味では南北戦争である。ちなみに、英国やイタリアの地域感情は「国境のない国境」の様相を呈している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。