«
»

知日派の冷静な視点 日韓の戦後処理を説明

反日急先鋒に従北勢力

 拗(こじ)れにこじれた日韓関係にどう向き合うか、韓国側で現実的で冷静な意見が「月刊朝鮮」(5月号)に掲載された。「韓日関係正常化のための提言―われわれも自省しなければ―」である。著者はマレーシア公使、広島総領事などを務め、現在忠清北道国際関係諮問大使の任にある許徳行(ホドッケン)氏だ。

 今の日韓にはもっぱら双方に関係悪化の原因を求め、自省する視点がほとんどない。お互いの論理を構築した次元から一歩も出ずに、相手の歴史的文化的背景を忖度(そんたく)することから遠ざかっている。その中で許元公使の記事は韓国民にも分かりやすく、そして日本人にも納得のいく話が多い。

 許元公使は「慰安婦」について、「日本政府を相手にこれ以上交渉する益はない」として、「日本政府の代わりに韓国政府が謝罪し、被害補償を実施する案を積極的に検討する時が来た」と提言している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。