«
»

硬軟両様の「総連カード」

800

どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年(2)

 北朝鮮は昨年動きだした日朝交渉で、日本に対し二つの懸念を吐露してきたという。一つは競売手続きに入っていた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮 総連)中央本部の建物と敷地、もう一つは1回目の核実験に対する制裁措置として2006年以降、日本入港が禁止されている貨客船「万景峰号」 だ。

 このうち特に総連中央本部に対する北朝鮮の執着は強かった。なぜか。元総連系商工人はこう指摘する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。