«
»

北朝鮮、「認定12人」非公開方針か 日本人拉致問題

軍偵察総局、未確認訪朝者らの「新事実」公表立案

【ソウル上田勇実】日本人拉致問題をめぐる日朝交渉をめぐり、北朝鮮が横田めぐみさん=失踪当時(13)=をはじめ日本政府が拉致被害者として認定している12人に関する情報を日本側に公開せず、代わりに自ら北朝鮮に渡って在住している未確認訪朝者らの「新事実」を公表することを工作機関である軍偵察総局が立案し、最高指導者・金正恩第1書記に報告していたことが分かった。北朝鮮による1回目の報告が、当初予告していた「夏の終わりから秋の初め」より遅れている背景に、こうした北朝鮮の内部方針が関係している可能性がある。韓国の脱北者団体「NK知識人連帯」が30日、本紙に明らかにした。

 同連帯が消息筋の話として明らかにしたところによると、在日本朝鮮人総連合会と北朝鮮の労働党国際部、外務省の担当者らは今年6月、拉致問題をめぐる日朝交渉に関する報告書「日本人工作員(日本人拉致被害者に対する北朝鮮での呼び方)の情報公開を求める日本政府の立場と日本社会の情緒を報告致します」の中で、日本政府が北朝鮮に「日本の国民感情にある程度応える水準の漸進的な結果」を要求していることに着目すべきだとし、その「水準」を「日本の政治家がメンツを保てる」と判断したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。