ワシントン・タイムズ・ジャパン

ミサイル挑発は対米交渉用―北朝鮮

19日、ソウルの鉄道駅で、北朝鮮のミサイル発射に関するテレビのニュースを見る韓国の男性(AFP時事)

「中国」「アフガン」後にらみ 日韓には直接の脅威

北京五輪機に対話か

北朝鮮が先月から今月にかけ各種ミサイルの試験発射を断続的に行っているが、最大の狙いはいずれ行われるバイデン米政権との直接交渉を見据え、強力なカードを持つことにあるとみられる。直接的な脅威にさらされる日韓の立場も踏まえ、米国は北朝鮮に対話を呼び掛け始めたが、交渉の主導権を米朝どちらが握るかに関心が集まる。(ソウル・上田勇実)

 先月以降、日米韓の防衛当局が確認し、北朝鮮の国営メディアなどが発射実験に「成功」したと主張したミサイルは、新型長距離巡航ミサイル(9月11日、12日)、鉄道発射式弾道ミサイル2発(9月15日)、極超音速ミサイル(9月28日)、新型地対空ミサイル(9月30日)、新型の小型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を含む2発(10月19日)だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。