«
»

与党有力候補は「左翼革命家」―韓国大統領選

 6日、韓国・原州で、記者会見する革新系与党「共に民主党」の李在明・京畿道知事(EPA時事)

保守派危惧、親日狩りも カリスマ性あり高い人気 日韓関係は不透明

 来年3月の韓国大統領選に向け、与党「共に民主党」の公認候補を決める予備選に出馬中の李在明・京畿道知事について、保守派が危惧を抱いている。特に問題視しているのは、「既得権層から富や権力を奪い返す」という左翼革命家の一面だ。ただ、そのカリスマ性から人気は高く、最終的に同党候補になる公算が強まっている。

 「恨みが強い人。貧しい家庭に生まれ、母親は市場にある公衆トイレの入口に座って利用者から小銭をもらい、生活を支えたくらい。社会に対する復讐心を強く持っている人だ」

 李氏の生い立ちについて、ある政府系シンクタンクの関係者はこう述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。